CCGノート

視聴したもの忘備録

■幸せである為に/How to be happy (Youtubeメモ)

Mo Gawdatさんが考案した「幸せである為の方程式」のメモ。

 


How to be happy: the happiness equation revealed?

 

<抜粋&意訳> 

「幸せ」を定義する事が出来なかったので、幸せだと感じる事を可能な列挙し、その共通点を「幸せの方程式」とした。

Happiness is equal to or grater than the difference between the way you see the events of your life and your expectation of how life should behave.

幸せとは、 

1. 自分が望む人生と、

2. 人生で起こるイベントを自分がどう捉えるか、

の二つの差に等しい。もしくはその差より大きい。

グラスは2/3の水が入っている。これは事実で、これをどう見るかは問題ではない。現代社会では空の1/3を見る風潮があるが、両方とも事実。

幸せは、自分の身に降りかかる出来事とは関係ない。それを自分がどう捉えるか、である。捉え方を間違えなければ、どんな状況でも幸せは見えてくるはず。

 

最近はHappiness(幸せ)と Fun(楽しい)を混同しがち。Happinessは今の状況をそのまま受け入れた上で満ち足りる事で、Funは考える事をやめてHappyだと思い込む事。(悪い事だとは言っていない)

 

<メモ>

上の方程式が正しいとすれば、1と2の差を縮められれば幸せになりやすくなる。自分が望む人生の姿を変え、多くを望まないようにすれば良い。隣の芝がどんなに青くても、メディアが「今のあなたは満ち足りていない」と言ってもそれに惑わされず、自分が何を幸せと感じるかに焦点を当てる事が大事。

コップの中の水が見えない時に、その水の材料を作る為のFunを求めるのはいい事だけれども、それをHappinessと混同するのはよくない。きっといつまでもコップの空の部分しか見えなくて心が干上がる。

自分の置かれた状況を全部そのまま受け入れた上で、それを良しと思えればいいね。